ホーム > 診療内容 > 斜視

斜視

遺伝や強度の屈折異常により起こる眼位の異常。

斜視は、片方の目の視線が正しい方向を向いているのに、他方の目の視線が異なる方向を向いている眼位異常です。原因としては、遺伝、外傷や強度の屈折異常による目の筋肉のバランスの崩れなどがあります。症状は、眼位の異常の程度により異なりますが、立体視の困難や、ものが二つに見える複視などがあります。

治療法としては、強度の屈折異常が原因の場合、屈折矯正により解消するケースもあります。また、重度の場合は手術も選択肢のひとつです。